要支援・要介護状態の目安

介護保険サービス

要支援・要介護状態の目安
区分 状態 月額利用限度額
要支援1 身の回りのことや日常生活はほとんど自分一人ですることができます。ただし、身の回りや家事の一部に支援が必要な状態。自立への改善にもっとも高い可能性を秘めた段階で、介護を予防するための支援中心のサービスを利用することができます。 50,030円
要支援2 身の回りのことや日常生活はほとんど自分一人ですることができます。ただし、立上がりや歩行など一部の動作がやや不安定なので、多少の支援が必要な状態。自立への改善に高い可能性を秘めた段階で、介護を予防するための支援中心のサービスを利用することができます。 104,730円
要介護1 自宅内での生活はほとんど自分一人ですることができます。ただし、動作が不安定であるため、入浴や一人での外出が難しく、転倒を防止するための支援が必要な状態。理解力の低下がみられることがあります。 166,920円
要介護2 自宅内での生活にも介助を必要とする段階です。自力での着替え、排泄、入浴が困難で、家事の大半にも支援が必要な状態。今までとは異なった行動をしてみたり、理解力の低下がみられることがあります。 196,160円
要介護3 歩行、着替え、排泄、入浴などほとんどすべてに、頻繁に介助が必要な段階です。オムツの利用も本格化し、特養への入所も可能となる状態。今までとは異なった行動が増加し、全般的な理解力低下がみられることがあります。 269,310円
要介護4 寝たきりではないものの、何をするにも常に介護を必要としている段階です。今までとは異なった行動がかなり多くなり、全般的な理解力低下がみられることがあります。 308,060円
要介護5 いわゆる「寝たきり」という段階です。ほとんど終日ベッドで過ごし、全面的に介助を必要としている状態。今までとは異なった行動がかなり多くなり、全般的な理解力低下がみられることがあります。 360,650円
介護保険サービス
最新情報をチェックしよう!