箱根海賊船なのにバリアフリー対応の『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』

 箱根海賊船はその名の通り海賊船ですが、人に優しい海賊船です。『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』『バーサ』3隻のうち、『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』がバリアフリー対応。車椅子を利用する高齢者や障害を持つ方でも安心して乗船することができます。

もちろん海賊船ですから、乗船には安心しても、船乗りにはお気をつけください。今回はバリアフリー対応 箱根海賊船『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』についてご紹介します。

箱根海賊船とは

箱根海賊船

出典:www.hakone-kankosen.co.jp

 箱根海賊船とは、小田急電鉄の傘下「箱根観光船」が神奈川県箱根町の芦ノ湖で運航する海賊船(観光船)です。

『ロワイヤルⅡ』が一番新しい船で、一番バリアフリー対応が行き届いている船です。高齢者にはもっともオススメしたい船になります。フランス艦隊の第一級戦艦ロワイヤル・ルイがモデルの船で、フランスの文化を感じさせる装飾が魅力です。

二番目に新しい船『ビクトリー』もバリアフリー対応。イギリス国民のシンボル的な戦艦ビクトリーがモデルの船で、戦艦ビクトリーの再現度の高いところが特徴です。

『バーサ』が最も古く、バリアフリーに対応しておりません。こちらは『北欧の獅子』と呼ばれたスウェーデンの戦艦バーサがモデルの船で、豪華な彫刻が特徴です。

『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』は1階〜3階までエレベーターで移動できる

『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』は1階〜3階までエレベーター

出典:www.hakone-kankosen.co.jp 

『ロワイヤルⅡ』は4階まであるがエレベーターは3階まで

 『ロワイヤルⅡ』は、他の船と異なり4階建です。4階は展望室になります。他の階に比べて狭く、階段でしか行くことができません。

1階〜3階まではエレベーターで移動できます。10人乗りのエレベーターなので、広さも十分です。足腰に不安のある高齢者はもちろん、車椅子の方でも安心して利用することができます。

『ビクトリー』も3階までエレベーター

 『ビクトリー』は3階建の船です。1階〜3階まではエレベーターで移動できます。足に不安があっても、車椅子でも無理なく利用できる船です。

箱根海賊船には「特別船室」と「普通船室」がある

『ロワイヤルⅡ』の特別船室

出典:www.hakone-kankosen.co.jp 

『ビクトリー』の特別船室

『ビクトリー』の普通船室

出典:www.hakone-kankosen.co.jp 

 箱根海賊船には、「特別船室」と「普通船室」の2種類が用意されています。「特別船室」は、「基本運賃」にプラスして「特別船室料」をお支払いすると乗船することができます。大人500円、子供250円です。

「特別船室」は、ゆったりと椅子が配置されており、柔らかく座り心地の良いソファが用意されております。ゴージャズなつくりなのでとても人気です。例えば、『ロワイヤルⅡ』の「特別船室」と「普通船室」の広さは同じくらいの広さですが、「特別船室」の定員は111名に対し、「普通船室」の定員は454名。おおよそ4倍広くゆったり作られています。

『ロワイヤルⅡ』には車椅子優先席が用意されている

 『ロワイヤルⅡ』には、車椅子優先席が用意されています。しかも、「特別船室」と「普通船室」の両方ともにです。車椅子の方でも気兼ねなく「特別船室」を利用することができます。

『ロワイヤルⅡ』にはバリアフリー席が用意されている

 『ロワイヤルⅡ』にはバリアフリー席も用意されています。「普通船室」にだけですが、車椅子の方には車椅子優先席がありますから、「特別船室」を利用する歩くことのできる方は、せっかくですから豪華なソファを利用しましょう。

『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』両方に多目的トイレが用意されている

 『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』ともにトイレは1階にあります。普通のトイレが1箇所ずつ、多目的トイレが1箇所ずつ。多目的トイレは、大型スーパーなどに設置される多目的トイレとなんら遜色のない多目的トイレです。

広くゆったりしており、手すりもあるので安心して利用できます。違いがあるとすれば、床や壁などが船のイメージを壊さないよう、木目調に装飾されている点だけです。

箱根海賊船の利用方法

箱根海賊船の航路・港・のりば

出典:www.hakone-kankosen.co.jp 

箱根海賊船の3つの港全てがバリアフリーに対応

 箱根海賊船の利用方法は、バスを利用するのと同じようなイメージで利用できます。乗り降りできる場所は3箇所。「箱根町港」「元箱根港」「桃源台港」の3つです。

「箱根町港」「元箱根港」「桃源台港」全てバリアフリーに対応。例えば、車椅子優先(または専用)の駐車場、車椅子の無料貸出、車椅子利用可能なトイレ、段差にはスロープなどが用意されております。

一番大きな港である「桃源台港」は、地下1階〜2階の建物ですが、エスカレーターやエレベーターが設置されていますので、階移動にも安心です。

箱根海賊船の港と港の移動時間

「箱根町港」「元箱根港」の間は移動に約10分。「元箱根港」「桃源台港」と「桃源台港」「箱根町港」の間はそれぞれ移動に約30分です。

箱根海賊船のシーズンダイヤとオフシーズンダイヤ

シーズンダイヤとオフシーズンダイヤとありますので注意が必要です。また、船ですから、濃霧・強風等、天候不順の場合は、安全のためダイヤの変更があったり、運航が中止されていることもあります。

箱根海賊船の「基本運賃」と「特別船室料金」

運賃は、「基本運賃」と「特別船室料金」があります。「特別船室料金」は「特別船室」を利用される場合にだけ発生。往復分を購入した方がお得です。

インターネット割引券を印刷してお得

 公式ウェブサイトにて、「インターネット割引券」を印刷することが可能です。印刷して持っていき、生産の際にスタッフに渡すと割引を受けることができます。割引内容は以下の通り。

公式ウェブサイト
箱根海賊船
箱根海賊船「インターネット割引券」
箱根海賊船 片道
乗船運賃の10%割引
桃源台ビューレストラン
飲食料金の5%割引
cafe KOMON 湖紋
飲食料金の5%割引
そば処 ふじみ茶屋
飲食料金の5%割引
あしのこ茶屋
飲食料金の5%割引
箱根レイクホテル「湯房 MAYUの森」
入浴料金の150円割引

 いかがでしたか。今回はバリアフリー対応 箱根海賊船『ロワイヤルⅡ』『ビクトリー』についてご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

箱根海賊船
最新情報をチェックしよう!