館内バリアフリーでとても親切な箱根の『岡田美術館』

館内バリアフリー。車椅子の貸出4台。5階建ての美術館の1〜4階に多機能トイレ設置。とても親切な箱根の『岡田美術館』をご紹介します。

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

館内バリアフリー構造

 『岡田美術館』は館内バリアフリー構造なので、段差はありません。足腰に不安のある方はもちろん、車椅子の方でも安心して楽しむことができます。階段や上り坂などのほぼ全てに手すりが設置してあるのも、優しい気遣いを感じます。

「美術館」から少し離れた場所にある「ミュージアムショップ」にいくには、坂を登る必要があります。足腰に不安のある方がいる場合、できる限り両手を開け、いつでも介助できる準備が必要でしょう。少し狭いので、車椅子のまま出入りするには少し不便を感じるかもしれません。

「ミュージアムショップ」と同じく、「美術館」と離れた場所にあるカフェ「開化亭」・足湯カフェ・庭園はバリアフリーではありません。

カフェ「開化亭」は車椅子のまま利用できず、足腰に不安のある方は介助をお勧め

 昭和初期の日本家屋を改装した雰囲気のあるカフェ「開化亭」は、日本家屋の美しさをそのままにしているため、土足では利用できませんし、カフェとしてはとても珍しい掘りごたつ式です。歩行が可能な方でしたら、介助しつつ利用できるでしょうが、車椅子のままでは利用できません。
カフェ「開化亭」にいくには、「美術館」の1階から上り坂、または5階から階段を利用する必要があります。1階の受付でお願いすれば送迎バスを出してくれるという優しいサービスもしてくれていますが、高齢者と一緒の旅での利用は、それぞれの課題を考慮する必要があります。

足湯カフェは車椅子のまま利用できず、足腰に不安のある方は介助をお勧め

 足湯カフェを利用したことおある方はご存知かと思いますが、どこの足湯でも車椅子のまま利用することはまずできません。また、足腰に不安のある方でしたら介助することをお勧めします

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

庭園は車椅子のまま利用できず、足腰に不安のある方は介助をお勧め

 『岡田美術館』の庭園のコンセプトは「〜湧水・樹木の生命力〜 自然の恵みを感じる庭園空間」です。バリアフリーやユニバーサルデザインというのは人工的なものであり、自然とは相反します。段差の多い庭園になりますので、車椅子では難しく、歩行に不安のある方はかなり神経を使う介助が必要となります。

5階建ての美術館 多機能トイレは1階〜4階に設置

 『岡田美術館』は5階建ですが、なんと1階、2階、3階、4階と、5階以外の全ての階に「多機能トイレ」が設置されています。普通のトイレは、1階に男女、2階は女性のみ、3階は男性のみ、4階は女性のみ。障害のある方への配慮が一番、次に女性、最後に男性といった順に優しさを感じます。

車椅子を無料で借りられる

 無料で借りることのできる車椅子が4台も用意されています。必要な場合は1階の受付に声をかけてみてください。

コインロッカーは1階に設置

 介助が必要な方がいる場合、介護担当のご家族は、ロッカーに荷物を預け、できる限り両手を開けておきましょう。

障がいのある方用の駐車スペースは2つ

 80代収納できる駐車場には、障がいのある方用の駐車スペースが2つ用意されています。空いていなくても、アプローチ近くにて車の乗り降りができるので安心です。

岡田美術館公式サイト http://www.okada-museum.com/

住所 〒250-0406 神奈川県足柄下郡足柄下郡箱根町小涌谷 小涌谷493−1

電話番号 0460-87-3931

開館時間 9:00~17:00

休館日 12/31、1/1

入館料 一般:2,800円 小中高生:1,800円

 いかがでしたか。今回は館内バリアフリー。車椅子の貸出4台。5階建ての美術館の1〜4階に多機能トイレ設置。とても親切な箱根の『岡田美術館』をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!