いつでもどこでも合鍵作って開け閉め可能未来の鍵『TiNK(ティンク)』

 高齢者のお住まいにこそ大活躍できる、スマホで遠距離解錠可能な玄関鍵『TiNK(ティンク)』をご紹介します。帰宅通知や一定期間出入りがない場合の通知などもスマホに届くようにできるのでとても安心で優しい未来の鍵です。

スマホアプリやおサイフケータイのようにかざして解錠できる

TiNK(ティンク)

出典:tinklock.com

 『TiNK(ティンク)』が玄関ドアに採用されている場合、鍵は必要ありません。あなたのスマホアプリ、またはおサイフケータイのようにかざして、もしくは数字を入力することで玄関ドアの解鍵をすることが可能です。鍵をなくす心配がなくなります。

『TiNK(ティンク)』は自動で閉まる「オートセキュリティ」

 『TiNK(ティンク)』が設置されるドア鍵は、自動で閉まります。閉め忘れもなく、面倒もありません。また、ドアが閉まると同時に鍵が閉まる仕組みは、とても安全な仕組みでもあります。

暗号化された合鍵を自由に発行・削除・曜日指定してつくれる

 暗号化された合鍵を瞬時に作成することができます。スマホアプリを開いて、発行済みの合鍵を即座に削除。即座に作成可能です。しかも、これらの合鍵は指定した曜日にだけ解鍵が可能になるなど、細かい設定が可能。

そのため、ホームヘルパーや訪問看護スタッフが訪問する曜日にだけ解錠可能な合鍵を作れるのでとても便利です。

外出先からワンタイムキーを発行して家の中で待ってもらうこともできる

 いっときだけ解錠可能な合鍵を外出先から即座に発行するなどができます。例えば、介護が必要な親御さんと一緒に暮らしているあなたの家に、兄弟・姉妹の訪問が予定されているとします。兄弟・姉妹の訪問を歓迎するため買い物に出かけますが、思ったより時間がかかってしまい、予定の時間を過ぎてしまいました。

予定通りに到着した兄弟・姉妹の方が先に到着し、電話がかかってきます。こんな時に便利な鍵が「ワンタイムキー」。ワンタイムキーを発行すれば、兄弟・姉妹は、あなたがいなくても家に先に入って待っていることが可能になるのです。

いつ誰が出入りしたのか、外出先からも確認できる

 『TiNK(ティンク)』なら、いつ誰が出入りしたのか履歴が残り、いつでもどこからでも確認することができます。そのため、もしあなたの親御さんが家から外出したまま帰らないようなことがあっても、外出した時間を確認できるので、何の情報もないよりも探す手がかりになります。

逆に、外出先からでも帰宅の確認もできるので、親御さんの帰りがいつもより遅くても、職場でそれに気がつくことができます。

玄関の鍵の解鍵があるとスマホに通知が届くようにできる「帰宅お知らせ機能」

 履歴の確認は、自分がそれを怠っては気がつくのに遅くれます。『TiNK(ティンク)』なら、スマホにて親御さんの帰宅が、LINEやメールのように通知して気がつかせてくれるので安心です。

一定期間出入りが無いとスマホに通知が届く「シニア見守り機能」

 一定期間出入りが無いとスマホに通知が届くようにすることも可能です。一定期間は自由に設定可能で、例えば、まる3日間出入りがない場合に通知が届くようにしておけば、遠距離介護でも事故や病気などの早期発見につながります。

インターネット環境が必要ない

 もし、親御さんの家がインターネットに加入していない場合において、いろいろな「IoT」製品を導入する予定であれば、インターネットに加入しておいて損はないはずです。しかし、よく分からないうちから利用する予定のないインターネット契約をするのは、金銭的にも抵抗があります。
『TiNK(ティンク)』は単体でインターネットに接続できる製品です。『TiNK(ティンク)』と別にインターネット環境を整える必要がなく、『TiNK(ティンク)』だけあれば全ての機能を利用することが可能なので、懐にとても優しい「IoT」製品です。

一般販売は 2018 年 8 月以降の予定

 『TiNK(ティンク)』搭載の玄関ドアは、株式会社アパマンショップホールディングスグループなどパートナー企業によって、2018年初頭から随時出荷されていく予定です。2021年までに100 万台の設置を計画しているとのこと。世の中が安心に、より便利になっていきます。

一般販売は、2018年8月以降を予定しているとのこと。性能を考えると、とても安い料金になる予定みたいです。詳しい料金は以下の通り。

『TiNK(ティンク)』公式サイト
https://tinklock.com/
端末料金
49,900円
初期設定料金
9,800円
月額基本料金
500円/月
オプションサービス料金
帰宅お知らせ機能:300円/月
シニア見守り機能:300円/月
クレジット
© 2015 tsumug inc.
公式サイトの情報を基に記述しています。
TiNK(ティンク)
最新情報をチェックしよう!