高齢者の外出を手助け 安全にする『玄関椅子』

外出の第一関門が玄関

玄関椅子

出典:item.rakuten.co.jp

 日本は湿気の多い気候です。そのため、日本の住宅の多くには「上がり框(アガリガマチ)」と呼ばれる段差があります。

階段を含めなければ、外出先にこれほど高い段差はあまり見かけません。平成25年3月28日独立行政法人国民生活センター『医療機関ネットワーク事業からみた家庭内事故 -高齢者編-』によると、屋内における事故発生場所の4番目が「玄関」で、5.2%。

足腰の不自由な高齢者にとって、外出する際の第一関門は、自宅の「玄関」ということになります。「上がり框」の上り下り、前のめりになりながら行う靴の脱ぎ履きなど、危険は少なくありません。

アイリスオーヤマ『玄関椅子』

 座面の高さ23.5〜45.5cm、幅約55×奥行約29×高さ約60cmc、重量約5.7kg。「上がり框」と同じくらいの低い高さから、ソファや椅子とほぼ同じ高さまで調節することができます。

TOKYO KAGUの『玄関椅子』

 座面の高さ35〜43cm、幅約51×奥行約30×高さ約52.5、重量約3.5kg。こちらの製品は、柄もおしゃれです。

スタイリッシュライフの『玄関椅子』

 座面の高さ38cm、幅約55×奥行約48×高さ約52、重量約3.6kg。ソファとほぼ同じ高さです。座面の高さを調節できない分、少し軽めです。また、杖立がついているところもポイントです。

インテリアのゲキガク『玄関椅子』

 座面の高さ28.0〜40.0cm、幅約50×奥行約30×高さ約54、重量約4.2kg。

玄関椅子
最新情報をチェックしよう!