失くしもの防止/家電操作/血圧 体温記録などができる『Amazon Echo』

出典:www.amazon.co.jp

スマートタグ「Tile Mate」と連携して落としモノや失くしモノを防止できる

 スマートスピーカー『Amazon Echo』とスマートタグ「Tile Mate」を連携させることで、お財布や家の鍵などの大切なものを、音声操作にて検索することができます。

音を鳴らして場所をお知らせしてくれるので、認知症などを理由に、お財布をなくしてしまう方にオススメです。

スマートプラグ「Meross MSS110」と連携して家電の音声操作ができる

 スマートスピーカー『Amazon Echo』とスマートプラグ「Meross MSS110」を連携させることで、さまざまな家電を、音声にて操作することができるようになります。

身体機能低下を原因に、ご自身で操作することができなくなった家電がある場合に、親御さんの助けになります。

スマートリモコン「ORVIBO Magic Cube CT-10」と連携してリモコン付き家電全ての音声操作ができる

 スマートスピーカー『Amazon Echo』とスマートリモコン「ORVIBO Magic Cube CT-10」を連携させることで、赤外線リモコン付きの家電「全て」を、音声にて操作することができるようになります。一つではなく、一括操作できます。

リモコンをすぐに失くされたしまう親御さんにオススメです。

「Amazon Alexa」対応のスマートホーム製品と連携して音声操作ができる

 「Amazon Alexa」に対応するスマートホーム製品であれば、スマートタグやスマートプラグ、スマートリモコンがなくても、音声にて操作することができます。

親御さんに役立つスキルも続々登場

 スマホを便利で楽しいものに変える「アプリ」と同じようなものが、スマートスピーカーにもあります。それが「スキル」と呼ばれるものです。

スマホの「アプリ」の場合、スマホの操作ができるようにならなければ、上手に使いこなすことができません。

しかし、スマートスピーカーの「スキル」であれば、親御さんであっても比較的簡単に使いこなすことができます。

例えば、「アレクサ、血圧記録で160と60を記録して」と言えば、血圧を記憶してくれます。ボールペンやメモが手元になかった場合などに助かります。

記憶させた後、「アレクサ、血圧記録で前回は?」と聞いてみれば教えてくれます。百人一首などのゲームもできますし、ニュースを聞くこともできます。

タイマーや目覚ましの設定もできますし、伝言を残しておくこともできます。

ゲーム
「百人一首」百人一首を読み上げてくれる
「日本の名山」日本百名山の一口ガイドが聞ける
「日本史年表」各時代の期間や訪ねた年の出来事を教えてくれる
スポーツ
「野球トリビア by データスタジアム」野球に関するちょっと通な情報を教えてくれる
ニュース
NHKラジオニュース
TBSラジオニュース
日テレNEWS24
朝日新聞ニュース
TOKYO MX NEWS
読売デジタルニュース
日本経済新聞 電子版
テレ朝news
ニッカンスポーツニュース
ファイナンス
「消費税計算」消費税を計算して回答してくれる
ヘルス
「血圧記録」血圧を記録しておくことができます
「体温メモ」体温を記録しておくこのができます
ライフスタイル
「伝言トーク」伝言ボイスを残しておいたり、聞いたりすることができます
タイマーの設定ができます
目覚ましの設定ができます
Amazon Echo
最新情報をチェックしよう!