『せん妄』と「認知症」の違いとは?

 「認知症」と間違われやすい『せん妄』。一見「とうとう認知症になってしまったのか。」と思ってしまいがちですが、実は『せん妄』かもしれません。

「認知症」と『せん妄』は別の病気。そのため、「認知症」と『せん妄』が同時に発症することもあります。

今回は、「認知症」と対比しつつ、『せん妄』についてをご紹介します。

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

死に至ることもある『せん妄』概要

 『せん妄(譫妄)』とは、意識障害が起こって、頭が混乱した状態をいいます。ぼんやりしたり、言動が明らかにおかしくなったりします。

時間、場所がわからなくなったり、幻覚を見たり、興奮したり。入院中、点滴のチューブを抜いたり、ベッドから落ちたり、生命を脅かす危険な状態になることもあります。

『せん妄』の症状

  • 自分がどこにいるのかわからない
  • 今日が何月何日かわからない
  • 幻視を中心とする幻覚や妄想
  • イライラしていたり、怒鳴ったり、動き回ったり、暴力を振るうなどの興奮状態
  • 一つのことに集中できない
  • 会話が噛み合わない、つじつまが合わない
  • 不眠や昼夜逆転などの睡眠障害
  • 睡眠中も落ち着きがない
  • 人格が変わったと感じる
  • 会話が減ったり、反応が薄かったり、表情の変化が乏しくなったり、ぼんやりしている
  • 無気力で、あまり食事しなかったり、寝てばかりいる
  • 興奮していたかと思ったら、急に無気力になる

 『せん妄』の症状を、専門用語を排除して、箇条書きにしてみました。やはり「認知症」と何が違うのか、はっきり違いを捉えることはできません。

認知症と似ていて非なる『せん妄』の7つの特徴

  1. 急に発生するので「いつから」と症状が出た日がはっきりしている
  2. 症状が一時的なので、数時間から数週間でもとに戻る
  3. たった1日でも症状の変化が激しい
  4. 一つのことに集中することができない
  5. 周りの状況把握が難しい
  6. 意識がはっきりしておらず、幻覚や錯覚などが見られる
  7. 病気、服薬中の薬、アルコールなど、原因となりうる変化があった

 『せん妄』の特徴は、以上7つのような内容です。「認知症」の場合、急に発症するわけではないので、「いつから」を特定することができません。

「認知症」は、一度発症してしまうと基に戻ることもありませんし、たった1日で症状が急変することもありません。

また「認知症」の場合、比較的意識ははっきりしていますし、一つ一つの症状は真逆です。もともと「認知症」の方が、『せん妄』を発症することもあります。

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

『せん妄』の原因となり得るもの

加齢

 認知症、服薬中の薬、脱水や感染症、環境変化などによるストレスなどの影響で、高齢者は特に『せん妄』を起こしやすいと言われています。

病気

 病気もまた、高齢者が特に『せん妄』を起こしやすい理由の一つになっています。脳疾患、糖尿病、心臓・肺・腎臓・肝臓などの不全、甲状腺疾患、パーキンソン病、悪性腫瘍、感染症、脱水、低栄養、便秘など。

 病気に関連しますが、薬もまた、高齢者が特に『せん妄』を起こしやすい理由の一つ。鎮静薬、睡眠薬、抗うつ薬、抗精神病薬、パーキンソン病治療薬など。薬をやめた場合にも『せん妄』の原因になります。

手術

 同じく病気に関連しますが、手術も、高齢者が特に『せん妄』を起こしやすい理由の一つ。手術は、環境や身体機能に変化をもたらせますし、酸素レベルの低下や鎮静剤、痛み、ストレス、入院そのものなどが『せん妄』の原因となり得ます。

身体的・精神的苦痛を伴う環境の変化

 環境の変化も、高齢者が特に『せん妄』を起こしやすい理由の一つです。視覚や聴覚の衰え。身体能力低下によるストレス。今までの生活とは異なる環境での暮らしなども『せん妄』の原因になりえます。

 いかがでしたか。今回は『せん妄』と「認知症」の違いについてご紹介しました。比べて見ると、症状が真逆の部分がありました。ぜひ参考にして見てくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!