介護予防に最適!敷金だけで入居可能な賃貸住宅 サービス付き高齢者住宅

  • 2017年7月31日
  • 2018年1月22日
  • 住まい

 一緒に暮らしていない親御さんはやっぱり心配です。有料老人ホームにはまだ早く、高い。そんな状態にある親御さんが暮らすに最適な賃貸住宅があります。今回はサービス付き高齢者住宅をご紹介します。

サービス付き高齢者住宅(サ高住・サ付き)とは

 「介護付き」「サービス付き」と2種類の高齢者住宅があります。そのうちの一つである、サービス付き高齢者住宅とは、バリアフリーの高齢者向け賃貸住宅です。ただの賃貸住宅ではなく、安否確認と生活相談サービスがついている賃貸住宅です。

 有料老人ホームと違って賃貸住宅なので、初期費用(敷金)が安く入居しやすいメリットがあります。

サービス付き高齢者住宅を利用できる人

 60歳以上または要介護状態であれば利用できます。要介護度が重度化してきても利用することは可能ですが、外部の介護保険サービス提供会社と契約し、在宅サービスの利用量が増加すると、金銭的にも設備的にも問題が生じてくる恐れもあります。

サービス付き高齢者住宅の具体的サービス

設備サービス

 バリアフリーの賃貸住宅です。居室にない場合は、共用部分にキッチン、浴室、収納を用意しなければならないと規定で決められています。

居室

 居室の床面積は、原則25㎡以上と決められています。最低限25㎡は約15畳ですから、結構広め。賃貸住宅なのでもちろん個室です。夫婦でも暮らすことができます。居室には必ず、トイレ、洗面所が備えられています。共用部分にキッチン、浴室、収納の用意がなければ、必ず居室に設置されています。

人材サービス

 最低でも、安否確認サービスと生活相談サービスを提供しなければならないとの規定があります。そのため、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、 介護支援専門員、ヘルパー2級以上の資格を有する職員が日中だけ常駐しています。

 夜間に関しては、必ずしも職員がいるわけではありませんが、常駐しない時間がある場合「緊急通報システム」の設置義務がありますので、普通の賃貸住宅より全然安心です。

 介護保険サービスを利用したい方は、外部の介護保険サービス提供会社と契約し、訪問介護やデイサービスを利用することができます。もちろん別契約ですので、利用しただけ料金が発生しますし、支払い先も別です。介護保険サービスは1割または2割のお支払い。

サービス付き高齢者住宅の料金

サービス付き高齢者住宅の費用
敷金(初期費用) 月額費用
0~数百万円(家賃の3ヶ月分程度) 10万~40万円

 賃貸住宅なので敷金が発生します。敷金が0円のところもあります。退去する際、借りていた部屋の修繕等がなければ、敷金は返還されます。礼金、権利金、更新料は禁止されているので料金の請求はありません。

 月額費用の内訳は、家賃、管理運営費です。管理運営費の内訳は、水道光熱費、人件費、施設維持管理費などなど。

 いかがでしたか。今回はサービス付き高齢者住宅をご紹介しました。日中必ず職員がいてくれますので、一緒に暮らしていない親御さんでも安心です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!