長期療養可能!まるで病院のようで安心 介護療養型医療施設とは

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

介護療養型医療施設(介護療養病床)とは

 介護療養型医療施設(介護療養病床)とは、要介護者が長期療養を必要とした場合に、手厚い医療と介護の両方を受けることのできる施設です。医療的なケアが多いにもかかわらず、医療保険ではなく介護保険サービスとして、1割または2割の料金で利用できます。

 現在は、医療保険で提供される「医療療養病床」と介護保険で提供される「介護療養病床」の2種類があります。実質、違いや目的などが明確でなく、単純に医療保険か介護保険かの差でしかありません。

 そこで、「介護療養病床」は2018年3月に廃止予定になりました。重複しているからです。2018年4月からは、「医療療養病床」はそのまま残し、医療の必要性が高い方が利用することになります。

 「介護療養病床」廃止とともに、新たに3つの施設ができます。「医療内包型1」「医療内包型2」「医療外付型」の3つです。この3つは、「医療療養病床」と違い、介護保険にて提供されます。

 「医療内包型1」は、「医療療養病床」よりは医療の必要性が低いけど、比較的必要性の高い方が入所し、そこで働く医師や看護師、介護職員からケアを受けます。「医療内包型2」は1より必要性が低く、容態が安定している方が入所し、そこで働く医師や看護師、介護職員からケアを受けます。「医療外付型」は、病院に併設される施設で、その名の通り、併設された病院から(外から)訪問診療を受ける形になります。

 新しいサービスの中で、介護療養型医療施設(介護療養病床)に一番近いサービスは「医療内包型1」になります。介護療養型医療施設(介護療養病床)は廃止されるので、今後は「医療療養病床」「医療内包型1」「医療内包型2」「医療外付型」の4つのうちどれかを利用することのなります。

介護療養型医療施設(介護療養病床)を利用できる人

 ①65歳以上かつ②要介護1以上の方が入所することができます。③主治医の診療情報提供書(診断書)も必要です。

介護療養型医療施設(介護療養病床)の具体的サービス

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

設備サービス

 食堂、浴室、病室、機能訓練室、談話室、診療室、洗濯室、トイレなどが必ず設置されています。火災など非常災害に備えた建物です。バリアフリー設計で、廊下も広く車椅子2台が余裕を持ってすれ違うことができます。

療養室

 病室の定員は4人以下の「多床室」、「従来型個室」、「ユニット型個室」と3種類があります。床面積は1人あたり6.4㎡以上必要なので、1人約4畳、4人部屋なら最低でも16畳。

人材サービス

介護療養型医療施設(介護療養病床)で働く職員(人員基準)
職種基準 配置基準 必要な資格等
医師 入所者48人に対して1人以上 医師免許保有者
薬剤師 入所者150人に対して1人以上 薬剤師免許保有者
看護師 入所者4人に対して1人以上 看護師、准看護師資格保有者
看護補助者 入所者4人に対して1人以上 看護助手などの資格保有者
介護職員 入所者6人に対して1人以上 主に介護福祉士や介護職員初任者研修修了者(旧ホームヘルパー2級)などの有資格者
介護支援専門員 入所者100人に対して1人以上 介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格保有者
栄養士 入所者100人に対して1人以上 管理栄養士、栄養士資格などの資格保有者
機能訓練指導員 適当数 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの資格保有者
調理員・事務員・その他 適当数 規定なし

 介護療養型医療施設(介護療養病床)では、医師の指示に基づき、医療ケアやリハビリを中心に、介護や生活支援などが行われます。健康管理、栄養管理、薬の処方まで行われ、ほぼ病院のような施設です。医師と看護師の割合が非常に高いのでとても安心です。

介護療養型医療施設(介護療養病床)の料金

介護療養型医療施設(介護療養病床)の費用
入居一時金(初期費用) 月額施設利用料 月額介護保険サービス料(1割の場合) その他介護保険外サービス等 月額合計
0円 6万~15万円 約20,000円~40,000円 0円〜20万円 約8万〜40万円

 介護療養型医療施設(介護療養病床)には、入居一時金がありません。月額費用の内訳は、家賃、管理運営費、食費、光熱水費、その他の費用など。

 家賃に関しては、「多床室」でおおよそ13,000円「従来型個室」ならおおよそ50,000円、「ユニット型個室」でおおよそ60,000円となりますので、月額費用の範囲を広げる大きな要因の一つです。状態や懐事情に合わせて部屋を選びましょう。

 月額介護保険サービス料は、介護保険サービスである「介護療養型医療施設」の料金です。上の表では自己負担1割。2割の方は2倍してください。

 月額介護保険サービス料が、20,000〜40,000円と範囲がある大きな理由は要介護度です。要介護度が軽い人の方が安く、重い人の方が高くなります。

 その他介護保険外サービスは、おむつ代などが考えられます。

 いかがでしたか。今回は介護療養型医療施設(介護療養病床)をご紹介しました。介護療養型医療施設(介護療養病床)は、2018年3月には廃止され、「医療療養病床」「医療内包型1」「医療内包型2」「医療外付型」の4つに移行します。ぜひ参考にして見てくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!