病院なみの医療ケアと特養みたいな手厚い介護!介護医療院Ⅰ型とは

 介護療養病床は2018年3月に廃止予定です。病院なみの医療ケアと特養みたいな手厚い介護サービスを受けることのできる施設がなくなります。その代わりにできる施設がどのようなものになるのか。今回は介護医療院Ⅰ型についてご紹介します。

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

介護医療院Ⅰ型とは

 介護医療院Ⅰ型とは、介護療養型医療施設(介護療養病床)廃止(2018年3月廃止予定)に伴って、新たに作られる予定の施設です。介護療養型医療施設(介護療養病床)の代わりになるサービスで、要介護者が長期療養を必要とした場合に、手厚い医療と介護の両方を受けることのできる施設。平成36年3月までに、介護療養病床から介護医療院Ⅰ型へ転換していく予定です。

 医療的なケアが多いにもかかわらず、医療保険ではなく介護保険サービスとして、1割または2割の料金で利用できます。より医療の必要性の高い方は、医療保険にて提供される「医療療養病床」を利用することになります。

 逆に、より医療の必要性が低く、容態が安定している方は「介護医療院Ⅱ型」または「医療外付型」を利用することになります。医療の必要性の順番に並べると「医療療養病床」 > 「介護医療院Ⅰ型」 > 「介護医療院Ⅱ型」 > 「老健」 > 「医療外付型」 > 「特定施設入居者生活介護」の順番になります。

介護医療院Ⅰ型を利用できる人

 ①65歳以上かつ②要介護1以上、さらに③医療の必要性が比較的高く、容態が急変するリスクがある方が入所することができます。④主治医の診療情報提供書(診断書)も必要です。

介護医療院Ⅰ型の具体的サービス

 細かい内容が決まるのは2018年2月です。

聴こえやすい音に変換する特許技術搭載の「ミライスピーカー」

  • テレビにつないでおくだけ
  • テレビ番組や大企業も注目
  • ご両親がテレビの音量を上げ過ぎて困っているが解決する

設備サービス

 食堂、浴室、病室、機能訓練室、談話室、診療室、洗濯室、トイレなどが必ず設置されています。火災など非常災害に備えた建物です。バリアフリー設計で、廊下も広く車椅子2台が余裕を持ってすれ違うことができます。

病室

 病室の定員は4人以下の「多床室」、「従来型個室」、「ユニット型個室」と3種類があります。床面積は1人あたり8㎡以上必要なので、1人約4畳、4人部屋なら最低でも20畳。

 介護医療院Ⅰ型では、老健と同じような設備・病室基準を満たす予定があるようです。介護医療院Ⅰ型は、介護療養病床相当のサービスになりますが、介護療養病床の病室の広さ基準は6.4㎡でしたので、この場合部屋が少し広くなります。

人材サービス

介護医療院Ⅰ型で働く職員(人員基準)
職種基準 配置基準 必要な資格等
医師 入所者48人に対して1人以上 医師免許保有者
薬剤師 入所者150人に対して1人以上 薬剤師免許保有者
看護師 入所者6人に対して1人以上 看護師、准看護師資格保有者
看護補助者 入所者6人に対して1人以上 看護助手などの資格保有者
介護職員 入所者6人に対して1人以上 主に介護福祉士や介護職員初任者研修修了者(旧ホームヘルパー2級)などの有資格者
介護支援専門員 入所者100人に対して1人以上 介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格保有者
栄養士 入所者100人に対して1人以上 管理栄養士、栄養士資格などの資格保有者
機能訓練指導員 適当数 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの資格保有者
調理員・事務員・その他 適当数 規定なし

 介護医療院Ⅰ型では、介護療養病床と同じような人員基準を満たす、職員体制にする予定があるようです。医師の指示に基づき、医療ケアやリハビリを中心に、介護や生活支援などが行われます。健康管理、栄養管理、薬の処方まで行われ、ほぼ病院のような施設です。医師と看護師の割合が非常に高いのでとても安心。

 夜間は必ず当直がおり、看護師が自宅でいつでも電話に出られる状態、いつでも出勤要請に応えられる状態にて待機しております(オンコール体制)。喀痰吸引や経管栄養を中心とした日常的・継続的な医学管理、24時間の看取り・ターミナルケアを可能とします。

介護療養型医療施設(介護療養病床)の料金

介護療養型医療施設(介護療養病床)の費用
入居一時金(初期費用) 月額施設利用料 月額介護保険サービス料(1割の場合) その他介護保険外サービス等 月額合計
0円 6万~15万円 約20,000円~40,000円 0円〜20万円 約8万〜40万円

 細かい内容が決まるのは2018年2月です。上の料金表は「介護療養型医療施設(介護療養病床)」の料金表です。参考までにしてください。

 いかがでしたか。今回は医療内包型1をご紹介しました。細かい内容はまだ決まっていませんが、まるで病院並みの医療ケアと特養並みの介護サービスを受けることのできる安心なサービスになることでしょう。ぜひ参考にして見てくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!