CATEGORY

最期・終末期

  • 2018年4月16日
  • 2018年4月16日

意思ある終末期のあり方!意思表示(リビング・ウィル)書面ダウンロード

認知症になってから書く終末期の「意思表明書」は、本人ではなく家族のためのものになってしまう  認知症、もしくは大きな事故や病気を理由に、突然延命措置の判断が必要になる可能性はゼロではありません。そうなる以前から、どのような最期を迎えるか、はっきりしっかり希望しておかなかった場合、ご家族が終末期を決めることになります。 いわゆる「看取り介護」や「看取りケア」、「終末期の意思表示」についてです。親御さ […]

  • 2018年4月5日
  • 2018年4月5日

自分史 お別れ会 湯灌などを創造するツクイ『終活』サービス4種開始

 株式会社ツクイは、多くのお客様の旅立ちを見送った経験を活かし、2018年4月より、その人に相応しいお別れのカタチをデザインする「ツクイのエンディングサポート」サービスを開始することを発表しました。 クレジット:Copyright © TSUKUI CORPORATION. All Rights Reserved. 人生の最期を美しく彩る「ツクイのエンディングサポート」サービス  『終活』とは、人 […]

  • 2017年8月21日
  • 2018年1月22日

7割の高齢者が平穏死・自然死、延命治療などの家族会議を待っている

 延命治療など終末期の医療に関しての話し合い、親御さんや家族とできていますか。親御さんはいつまでも意思表示できるとは限りません。とはいえ誰もが聞きづらく、話し合いたくない内容です。そんな聞きづらさも、これらの調査結果を知れば解消できるはずです。今回は延命治療など終末期の医療に関する調査結果についてご紹介します。 1、延命治療など終末期の医療に関して、半数以上の人が親の意思を聞いていない 出典:「人 […]

  • 2017年8月21日
  • 2018年1月22日

あなたの親の最期の希望は?高齢者の半数以上が自宅で最期を迎えたい

 あたなの親御さんの最期。どこで迎えたいのか聞いたことありますか。内閣府の調査結果を見て、この機会に聞いて見てはいかがでしょうか。今回は高齢者が最期を迎えたい場所についてご紹介します。 高齢者の5割以上が自宅で最期を迎えたい 出典:平成24年度 「高齢者の健康に関する意識調査結果」内閣府  上の表は、内閣府が公表した「高齢者の健康に関する意識調査」の結果で、「最期を迎えたい場所」を年齢別に分けたも […]